決まって8月になると、夏祭りに出店される夜店のアルバイトに応募をして、短期間だけそれを楽しんでいます。

大好きな短期のアルバイト

大好きな短期のアルバイト

夏祭りの短期のアルバイトが大好き

「熱々の美味しいたこ焼きいかがですか?」と言っている年もあれば「金魚すくい楽しいですよ!」と言っている年もあり、また「空クジなしで300円!」と言っているような年もありました。これは、私が毎年行っている夜店のアルバイトでの出来事です。8月になると、どこの神社でも夏祭りという楽しいイベント行事が行われ、そこではたくさんの夜店が出店されます。そして決まって募集されるのは、短期間限定のアルバイトです。こういった夜店で働いている若者のほとんどがアルバイトで、私もそのうちの1人となっています。毎年8月になると、決まってこの求人に応募をするのですが、これには当日のお仕事だけではなく、ある楽しみがあります。それは、求人に応募をした段階では、自分が何屋さんで働くことになるのかがわからないということです。夏祭りで出店されている夜店の定番といえば、たこ焼き、イカ焼き、フランクフルト、焼きとうもろこしなどといった食べ物から、金魚すくい、スーパーボールすくい、くじ引き、射的といった遊びまで様々ありますが、この中から自分の好きな夜店を選ぶのではなく、全てが抽選によって勝手に決められていきます。そのため、ぎりぎりまで自分が何屋さんとして働くことになるのかがわからず、それにとてもわくわくとするのです。

私はこれまで、たこ焼き屋さん、金魚すくい、くじ引きと3つの夜店を経験してきましたが、食べ物と遊びに関係なく、どの夜店でも楽しんでいかれるお客さんの顔を見ることができるため、私も一緒に楽しい気持ちになることができました。いつもは寝ているような夜中に働くため、体力的にはしんどいところもありますが、それまでもを吹っ飛ばしてくれるのが、たくさんのお客さんの笑顔です。夏祭りという夏の大イベントを楽しませる側として参加できるこのアルバイトは、たとえそれが短期といえど、大いにやりがいを感じることのできるものだと思います。

注目の情報